single-security.php

防犯建物部品:サムターン

簡単にひねることができない構造

防犯建物部品のサムターンには、サムターン回しの対抗策として単純にひねることができない下記の種類があります。

ボタン式
サムターンの両面のボタンを同時に押さないとひねることができない。
押引式
押すか、または引かなければひねることができない。
スイッチ式サムターン
鍵式
鍵が無いと空転モードになる。
鍵式サムターン
脱着式
サムターンが脱着できる。
着脱式サムターン
組み合わせ(セット)でCP認定錠
錠前(キー、シリンダーやサムターンおよび錠ケース等を含む全一組を言う)として防犯性能の高い建物部品となっています。

注意:手首が入る程の大きな穴によるサムターン回しについては、鍵式か脱着式でなければ防げません。

※© MIWA LOCKは美和ロック株式会社の掲載許可を得ています。
※© Sankyo Tateyama,lncは三協立山株式会社の掲載許可を得ています。