single-security.php

防犯建物部品:ドア

防犯建物部品としてのドアA種はどんなものなのか見ていきましょう。

ドアの錠前
戸と枠の拘束は2点拘束です。主錠(鎌形式錠)と補助錠の組み合わせとなります。そのうち1箇所は手首が入る穴を開けて手を差し込んでも、操作不可能な脱着サムターンを使用します。
ガラス
防犯合わせガラス又は防犯フィルムを使用します。
ガラスの代わりに使用するパネル
板厚1.5mm以上の鋼製またはステンレス製の板を、もしくは板厚2.0mm以上のアルミニウム板を使用します。

重要なのは2点拘束(補助錠)

ドアA種
ドアA種とは主に玄関や勝手口です。3階建以下の低層住宅用の屋外からも施解錠操作ができる防犯建物部品のことと定義されています。
ドアA種
戸と枠の拘束は2点拘束です。主錠(鎌形式錠)と補助錠の組み合わせとなります。
そのうち1箇所は手首が入る穴を開けて手を差し込んでも、操作不可能な脱着サムターンです。
ガラスドア
ガラスドア
ガラスは防犯合わせガラスです。戸と枠の拘束は2点拘束です。主錠(鎌形式錠)と補助錠の組み合わせとなります。そのうち1箇所は手首が入る穴を開けて手を差し込んでも、操作不可能な脱着サムターンです。
※© Sankyo Tateyama,lncは三協立山株式会社の掲載許可を得ています。